加圧トレーニングを始める前に見るサイト

全国の加圧トレーニングジム厳選Navi HOME » まるわかり!加圧トレーニング初めて講座 » 安全第一!基本的な情報を知ることが大切

安全第一!基本的な情報を知ることが大切

加圧トレーニングは美容や健康に効果的!

加圧トレーニングはアンチエイジングやダイエットなどの美容面から、便秘や免疫力アップといった健康面まで幅広い効果をもたらせてくれます。どれもこれも嬉しい効果ばかりです。しかし、加圧トレーニングの作用、または注意点などを知らない人も多いでしょう。こちらのページで加圧トレーニングの基礎を学び、その知識を活かしトレーニングを始めてください。

加圧トレーニングには【血流末梢抵抗値】が重要!

「抹消血流抵抗」という言葉を聞いたことはありますか?ちょっと聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は加圧トレーニングと深く関係しています。

①流末梢抵抗値とは?

全末梢血管抵抗(ぜんまっしょうけっかんていこう)とは、血管内で起こる血流の抵抗のことである。末梢血管抵抗、体血管抵抗、SVR(systemic vascular resistance)とも言う。

引用元:看護用語辞典 ナース(https://www.kango-roo.com/word/9992)

末梢血管に流れる血流が強い抵抗を受けると血流が滞り血圧が上がります。ちなみに抵抗値が高いほど血液は流れにくい状態になっています。

加圧トレーニングを行うと圧がかかっているため、血流抹消抵抗値が上がり血流の流れが滞ります。そして、除圧をすると血流抹消抵抗値が下がり血流が良くなったり、血管が拡張したりして末梢神経まで血流が届くようになるのです。 加圧前よりも加圧後の方が血流は良くなります。それが加圧トレーニングのメリットです。

②加圧トレーニングの際に起こる血流末梢抵抗値の変化

  • 加圧トレーニング前の血流抹消抵抗値
  • 加圧前の抵抗値は1.0で抵抗を受けていません。

    適正な加圧をしないと体に大きな負担がかかるため、有資格者の元で正しいトレーニングを行ってください。

  • 加圧トレーニング時の血流抹消抵抗値
  • 加圧時の抵抗値は~1.7になっています。

    動脈側を軽く、静脈側を強めに制限しているため、腕や足に血液が溜まっている状態です。普段あまり使われない末梢血管まで血流が届くようになっています。

  • 加圧トレーニング徐圧後の血流末梢抵抗値
  • 除圧をすると~0.6まで抵抗値が下がり、加圧前よりも血液循環が促されている状態です。

    成長ホルモンも増加しているため体脂肪が燃焼され、分解された脂肪は血中に溶けだします。また、成長ホルモンは体中を巡り、体の組織にあらゆる効果をもたらしてくれます。

加圧トレーニングで分泌されるホルモン成長ホルモン

成長ホルモンは睡眠時と運動後に分泌されるホルモンです。運動中は20~30倍の成長ホルモンが分泌されますが、加圧トレーニング中はなんと「300倍」もの成長ホルモンが分泌されることが分かっています。運動中の分泌量も多いですが、加圧中とは比べ物になりません。成長ホルモンはお肌を綺麗にしてくれたり、筋力をアップしてくれたりと他にも様々な作用があるので、必要不可欠な存在です!

加圧中は血流を促そうと乳酸が増加するため、短時間でハードトレーニングと同様の状態になります。乳酸は成長ホルモンの分泌を促してくれる大事な物質です。成長ホルモンにとって乳酸は重要なペアということを覚えておきましょう。この2つが働くことで健康的な体を維持できるのです。

加圧トレーニングのリスクはあるの?

加圧トレーニングを行うにあたって、注意点も理解しておかなければなりません。安全にトレーニングに励めるようにしましょう。

トレーナーの実力による効果の差

加圧トレーナーは資格を持っており知識が豊富ですし、技術もあります。ところがトレーナーによって実力に差があるため、思ったより効果が得られないことがあります。満足いく効果を得るためにもトレーナー選びは慎重に行いましょう。気になるジムへ行き体験を利用して自分に合ったトレーナー探しをしてみると良いです。

トレーニング後の運動やストレッチの追加が必要

加圧トレーニング後はストレッチをして体をクールダウンさせます。自分で行うよりもトレーナーにしてもらった方が良いのですが、オプションで付けなければならないため別料金が発生します。また、トレーナーによってはストレッチの実力も異なります。

まずは一度オプションを付けてみて、イマイチと思った場合はオプションを外すという方法もあります。

加圧が苦手だとそもそも向かない

血流を止めているときはピリピリとした痛みを感じます。また、翌日は筋肉痛が現れる場合もあります。痛みが苦手と言う方は続けるのが難しいかもしれません。しかし、痛み方は個人によって違います。「最初は苦手だったけど、慣れてきたら気にならなくなった!」という方もいるので、一度体験した上で続けるか判断してみてください。

虚血と再かん流が繰り返される

加圧トレーニングを長期的に行うと虚血(貧血)と再かん流状態が繰り返されます。また血栓もできるため、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす可能性も考えられます。持病がある方、健康状態が心配という方はトレーニング前に医師に必ず相談して、加圧トレーニングを受けても良いか確認をとりましょう。事前に確認しておけばリスクは回避できます。

加圧トレーニングを正しく行うポイントは?~Q&A~

注意点が分かったところで次は、正しく行うトレーニングポイントを押さえましょう。

Q1.加圧トレーニングのトレーナーは誰でも良いの?

A1.いいえ、必ずKAATSU JAPAN株式会社が認定した資格を持っているトレーナーの元指導を受けてください。

Q2.資格を持ったトレーナーがいるジムなのかを確認する方法は?

A2.資格保有者は認定証やIDカードを持っているので、そちらを確認すると良いでしょう。また、ホームページで紹介されているトレーナー情報をチェックしたり、直接ジムの受付でどんなスタッフがいるのかを確認したりするのもポイントのひとつです。

Q3.加圧トレーニングの際、何に注意したらいい?

A3.専用器具を使ってトレーニングを行ってください。専用器具以外のものでトレーニングを行うのは禁止です。器具はネットオークションで販売されていますが、偽造品も多いため購入の際は注意してください。

Q4.グループレッスンはないの?

A4.加圧トレーニングは個人個人のレベル、目的に応じて指導する義務があるので、マンツーマンでのトレーニングしか行われていません。安全面のことを考えてグループレッスンは禁止とされています。

Q5.疾患を患っている人、妊娠中の人でもトレーニングは可能ですか?

A5.心臓に障害があったり、骨折をしていたりと健康上問題のある方、妊娠中や生理中の方は必ず医師に相談して許可を得てからトレーニングを行いましょう。

Q6.毎回、適正圧をチェックしてもらう必要はある?

A6.はいあります。体調の変化はその日によって違うため、適正圧もその日の状態によって変えなければなりません。適正ではない圧を設定すると体調が悪くなる原因になり兼ねないので、適正圧のチェックは毎回してもらってください。

Q7.点状出血が現れるって聞いたんですけど、消えますか?

A7.はい、数日後には消えます。また、加圧トレーニングで血管が鍛えられると点状出血が現れなくなります。

このように加圧トレーニングには様々なポイント、注意点があることが分かりました。これらを理解することで正しく、そして安全にトレーニングに取り組めるようになります。

大手の加圧トレーニングジムを
徹底比較

大手の加圧トレーニングジムを厳選!それぞれの違いが分かるよう早見表にまとめました。 費用や体験レッスンの有無などをまとめたので 参考にしてみて下さいね。

more
3か月間
加圧トレーニングジムに通ってみた!

大手加圧トレーニングジムに3か月間通ったダイエットレポート。 体重や体脂肪率の変化、トレーニング内容などを詳しくお届けしています!

more
Copyright 全国の加圧トレーニングジム厳選Navi. All rights reserved.
↑