加圧トレーニングを始める前に見るサイト

全国の加圧トレーニングジム厳選Navi HOME » まるわかり!加圧トレーニング初めて講座 » 【初心者向け】加圧トレーニングに適した服装を紹介

【初心者向け】加圧トレーニングに適した服装を紹介

ジムのトレーニングとは違い、加圧トレーニングは特殊で注意が必要なこともあります。体に余計な負荷をかけず、ストレスのない服装で効果的なトレーニングをするために、まずは服装をチェックしましょう。

リラックスだけじゃダメ!加圧トレーニングスタイルをチェック

ウェアは半袖とひざ丈ハーフパンツ

  • 【上半身】

    二の腕がしっかりと隠れる半袖のウェアを準備しましょう。

    加圧ベルトを巻きやすくするためにもストレッチ素材のウェアがおすすめです。

    上半身に巻く加圧ベルトは二の腕部分です。素肌の上に巻いてしまうと、かぶれの原因となってしまう可能性があるため、ノースリーブやタンクトップはNG。また、加圧を与えている状態でトレーナーが腕の血管をチェックしますので、長袖もNGの所が多いです。

  • 【下半身】

    ひざ丈のハーフパンツを準備しましょう。

    素材は上半身と同様、体にフィットするようなストレッチ素材がおすすめです。

    トレーナー生地のようなものですと、だぶついてしまってしわが寄り、加圧ベルトを装着したときに違和感や痛みに繋がってしまいかねません。

    下半身に巻く加圧ベルトは足のつけ根部分になります。ショートパンツではベルトが素肌にかかってしまうのでNG。また、サルエルなどの股下に緩みがあるパンツもベルトが巻きづらくなるのでNGです。

速乾性かつ締め付けないインナー

基本的に締め付けるような下着は避けたほうがよいでしょう。

女性の場合は、ワイヤー入りのブラジャーは身体を圧迫しやすいのでNG。ワイヤレスのスポーツブラやブラトップがおすすめです。トレーニングではある程度汗もかきますので、速乾性があるインナーを選ぶとよいでしょう。

シューズは履かない場合も

通常、トレーニングジムではトレーニングシューズを履くのが一般的ですが、加圧トレーニングの場合はジムによって異なり、比較するとトレーニングシューズは必要ないというジムのほうが多いです。

加圧トレーニングでシューズが必要ない理由は、脚の指先まで動かしながらトレーニングを行うからです。ジムによっては裸足でもOKというところも。検討中のジムがあれば電話で問い合わせてみるとよいですね。

加圧トレーニングの点状出血はウェアで防げるのか?

初めて加圧トレーニングを体験した人が驚いてしまうのが「点状出血」です。

これはベルトを素肌に装着したときに起こりやすい「かぶれ」とは別の症状。加圧ベルトを巻いた部分が、加えたられた圧力によって毛細血管が切れてしまうことで起こります。二の腕や太腿部分にぐるりと赤紫色の痕が残るのはできれば避けたいものですが、もともと血管が弱い体質の人は、加圧ベルトをウェアの上から巻いても症状が出てしまうことが多いようです。

通常は数日で消え、トレーニングを続けていくうちに血管も強くなり点状出血しにくくなると言われていますが、肌を露出しがちな夏場は気をつけたほうがよいでしょう。

大手の加圧トレーニングジムを
徹底比較

大手の加圧トレーニングジムを厳選!それぞれの違いが分かるよう早見表にまとめました。 費用や体験レッスンの有無などをまとめたので 参考にしてみて下さいね。

more
3か月間
加圧トレーニングジムに通ってみた!

大手加圧トレーニングジムに3か月間通ったダイエットレポート。 体重や体脂肪率の変化、トレーニング内容などを詳しくお届けしています!

more
Copyright 全国の加圧トレーニングジム厳選Navi. All rights reserved.
↑