加圧トレーニングを始める前に見るサイト

全国の加圧トレーニングジム厳選Navi HOME » まるわかり!加圧トレーニング初めて講座 » 加圧トレーニングのデメリット

加圧トレーニングのデメリット

最近では絶大な人気がある加圧トレーニングですが、デメリットはあるのでしょうか。ここでは、どのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

加圧トレーニングを受ける時に注意しておきたいポイント

費用が高い

加圧トレーニングは、身体に適度な加圧をするものなので、専門知識を持っている指導者に指導をしてもらう必要があります。

加圧トレーニングの指導技術を持っているプロに教えてもらうので、どうしても費用が上がってしまいます。

しかし、その費用をかけた分だけダイエット効果は高いため無駄になることはありません。

血流の制限に注意が必要

加圧トレーニングは、身体に流れる血流を制御してトレーニングを行うので、身体にどうしてもある程度の負担がかかってしまいます。

そのため、加圧トレーニングのやり方を間違えると、めまい・吐き気・しびれ・皮下出血などの症状が出る場合があります。

こうなる原因は、

  • 負荷が重い
  • 加圧が強すぎる
  • 加圧の時間が長い

のいずれかに該当します。

ここは、専門家の指導を必ず受けてから加圧トレーニングを行うようにしましょう。

加圧トレーニングのメリット

美容に効果がある

加圧トレーニングを行うと、成長ホルモンの分泌を高めるので、内側から健やかな状態にしていきます。

主な効果は、皮膚組織の再生、修復をしていきます。そうすることで、お肌の老化防止や弾力がアップし、シミの原因などが改善されます。

効率が良く関節に負担が少ない

加圧トレーニングは、関節に負荷がかかりにくく、短時間で成長ホルモンを分泌することができるので、大変効率が良いトレーニング法です。

関節に負担が少ないので、関節が弱い人におすすめです。また、トレーニングを短時間で行いたい人にもピッタリです。

血行が良くなる

加圧トレーニングを行うと、血行が良くなるので、肩こりやむくみも改善できます。

加圧トレーニングは血流を制御するので、一時的に血液が停滞し、別の場所へと血液が流れ始めるので、自然と毛細血管が拡張されます。

そうすると、全身の血流がスムーズになり結果的に冷え性や肩こり、むくみが改善されます。

加圧トレーニングのデメリットまとめ

加圧トレーニングは、メリットが大きい分デメリットもありますよね。最大のメリットは、短時間・短期間でトレーニングができるという点なので、毎日が忙しくて時間を短縮したい人にはピッタリではないでしょうか。

また、もうすでに有酸素運動などのトレーニングを行っていて、そのメニュープラス、加圧トレーニングを行うことでより高い効果を得られます。

個人の目標に合わせて、上手に加圧トレーニングを取り入れていきましょう。

ジムに通うのにハードルが高いと感じるなら、まずは加圧ウェアを着用してみるのもおすすめです。

加圧ウェアを着用したまま、普段通りに自宅の掃除や買い物などをするだけで、ほどよい加圧効果があります。

大手の加圧トレーニングジムを
徹底比較

大手の加圧トレーニングジムを厳選!それぞれの違いが分かるよう早見表にまとめました。 費用や体験レッスンの有無などをまとめたので 参考にしてみて下さいね。

more
3か月間
加圧トレーニングジムに通ってみた!

大手加圧トレーニングジムに3か月間通ったダイエットレポート。 体重や体脂肪率の変化、トレーニング内容などを詳しくお届けしています!

more
Copyright 全国の加圧トレーニングジム厳選Navi. All rights reserved.
↑